Archive

Archive for the ‘南米’ Category

ラ・パス、ボリビア

March 23rd, 2009 No comments

12月30日

ウユニからの深夜バスで30日早朝にラ・パスに戻る。一番ホテルにチェックインし、そのままこの日はゆっくりと市街を観光。


ムリリョ広場 (Plaza Murillo)

街の中心となる広場。この広場を囲むように、カテドラルや国会議事堂、大統領官邸がある。
Plaza Murillo, La Paz

休日のためか多くの家族連れが居ました。市民の憩いの場なんでしょう。
Plaza Murillo, La Paz


ライカコタの丘 (Parque Laikakota)

市の小高い丘にある公園。市内を一望できます。

Parque Laikakota, La Paz

すり鉢状の地形に築かれたラ・パス市は、最も低い中心部の標高でも約3,600mと富士山の頂上とほぼ変わらない。すり鉢の底辺、中心部には高層ビルが建ち並び裕福層が、山頂部に近づくにつれ貧困層が生活をなしている。
Parque Laikakota, La Paz


ハエン通り (Calle Jaen)

カラフルなスペイン風の古い建物が建ち並ぶ路地。一瞬、ラ・パスに居ることを忘れてしまうほど他とは様式が異なる。通り沿いにはカフェや・博物館などがあります。
Calle Jaen, La Paz


一番ホテル

今回、密かに楽しみにしていた、一番ホテルの屋上から眺める夜景。
La Paz

上が30秒ほどの露光で、下は60秒ほど。いや、夜景って楽しい。
La Paz

旅行前にラ・パスのことを調べると、”首締め強盗”や”ニセ警官”などいろいろ最悪な情報が満載だったため、滞在・観光時はリュックサックは背中ではなく、前にしょい、一眼レフも首からさげるなんてもってのほかで、撮る度にバックにしまうということをやったりと、一応の用心はしました。ま、実際は日中はあちこちに制服の警官がパトロールしていたので、ちょい安心しましたが。夜はほとんど出歩かないようにしたし。そういう意味では純粋に観光を楽しめるというわけではなく、それなりに気疲れする街でもあるかなと。ま、それも滅多にない経験としてはいいのかも。

Laguna Verde(ウユニツアー3日目)

March 11th, 2009 No comments

12月29日

早朝4時に起床し、間欠泉を見学。
Geyser

朝食ついでに温泉へ。
Hot Spa

Laguna Verde(Green Lagoon)。
ほんっっとに緑!晴れてたらなぁ-。
Laguna Verde (Green Lagoon)

名もないLaguna。
Laguna (Lagoon)

この後、ウユニの街に戻り、また一晩かけてラ・パスへ移動。
Laguna (Lagoon)

See more photos…

ラグナ巡り(ウユニツアー2日目)

February 19th, 2009 2 comments

12月28日

ウユニツアー2日目はウユニ塩湖の外側、南部に点在するラグナ(西: Laguna, 英: lagoon, 日: 潟湖)を巡る一日。
下の地図でいうと、上側の大きい白の部分がウユニ塩湖。そこから南に下り、Lag. ○○○と書かれてるところが今回見て回るラグナがある箇所。最終的に赤いマークがついているLag. Coloradaというラグナまで行きます。
Uyuni Map

ラグナってこんなんです。水際はやっぱり塩で白い。
Laguna (Lagoon)

ラグナと虹(わかりづらいか・・・)
Laguna (Lagoon) under Rainbow

移動距離も半端無く、道中は色んな景色が楽しめるのもこのツアーの醍醐味かと。

活火山。噴煙がちょっとだけ見えました。
Active Volcano

砂漠。
Desert

線路。
Unused Railroad

狐。
A Fox


Uyuni

こちらは今回一緒に旅したドイツのDannhauser一家。
Uyuni
妹さんはボリビア在住でスペイン語に達者。この中で唯一ガイドとコミュニケーションができる存在。
ガイドがスペイン語で説明→妹さんがドイツ語に翻訳→お母さん・お兄さんが英語で我々に説明、とめっちゃお世話になりました。
ちなみに、お父さんはNikon D300使い。Carl Zeissの話で盛り上がったけど、最初切り出したときはZeissの発音が通じなかった・・・。ドイツ語むじぃ。

パンクのアクシデントも発生。慣れてるのか手際よくタイヤ交換。
True Repair Man

こっちは偽物リペアマン。
Pretned to Repair...

こっちも偽物。にやけすぎ。
Pretned to Repair...

この日の一番の目玉、Laguna Colorada (Red Ragoon = 赤い潟湖)。標高4,300m。
Laguna Colorada (Red Lagoon)

フラミンゴの群れ。
Pink Flamingos at Laguna Colorada (Red Lagoon)

このあたりから寒さで調子が悪くなり、夜もろくにメシも食べられずにダウン。
宿泊所は風呂はついてないわ、電気は夜しかつかないわ、布団は薄いわで結構ひもじい思いをした。
ここにいくなら夏期であろうと標高が高いので防寒対策は万全に。

おまけ。陽気なドイツ人。

他の写真はこちら

ウユニ塩湖(ウユニツアー1日目)

February 5th, 2009 2 comments

12月27日

ラ・パスを夜9時に出発し、バスで10時間。ウユニの街へ到着。
今回利用したバスはTodo Turismo社。完全に観光客向けのバスで割高だけど、安心かつ快適。

・・・、があんまり快適じゃなかったし。寒いし。
途中、何度か止まってなにやら整備してるし。大丈夫か、これ?
と思ってたら夜中の2時、突然別のバスに乗り換え。
こっちは暖房も効いてて快適快適。これが本来の姿か。

やっと快適に眠れるかと思いきや、こっから物凄い悪路でガタガタガタガタとずーーっと揺れっぱなし。飛行機の乱気流よりよっぽど酷くて、背中一面に強烈な振動が伝わってくる。いやー、まじで酷かった・・・。

そんなこんなで睡眠不足のまま、朝7時過ぎにウユニの街に到着。
まず、最初にやることはこれからのウユニツアーを世話してくれる旅行会社を決めること。
ラ・パスの一番ホテルにある旅日記で仕入れた情報によるとオアシスかブリサという会社がいいらしい。
一応両方とも寄ってみたけど、詳しく説明してくれたブリサに決定。
2泊3日のツアーで一人$80のところをちょっと値切って$70。
Uyuni

Train Cemetery
午前11時過ぎ、いよいよウユニ2泊3日のツアーに出発。
最初の目的地はウユニ塩湖に入る前にあるTrain Cemetery。列車の墓場。
Uyuni Train Cemetary

60年以上前に使われなくなった列車がいたるところに放置されています。
Uyuni Train Cemetary

ウユニ塩湖
ウユニ塩湖手前。蜃気楼!
Solar de Uyuni

いよいよウユニ塩湖に向けて進む。

・・・
・・・
・・・

すげぇ・・・。
Solar de Uyuni

おーいぇー。
Solar de Uyuni

おーいぇー(その2)
Solar de Uyuni

水も(ちょっとだけど)溜まってる
Solar de Uyuni

ここの資金源となる塩の山。こーやって水抜きをし乾燥させるらしい。
Solar de Uyuni

走行中の様子。手ぶれ失礼!

もいっちょ。

塩のホテル
塩湖の中にある唯一のホテル。塩でてきてるらしい。 ここで一旦休憩、昼食。
Solar de Uyuni

今回のツアーガイド兼ドライバー兼料理人のおっちゃん。
スペイン語しか喋れず、意思疎通が激しく難しかった。ってか無理。
Solar de Uyuni

今回のツアーにお世話になった車。
うちら夫婦2人のほか、ドイツ人家族4人とおっちゃんとで合計7人の旅でした。
Solar de Uyuni

塩のホテル前にて。日本の国旗はなかったな・・・。
Solar de Uyuni

魚の島
こちらは塩湖内にある通称魚の島。
Solar de Uyuni

サボテンがいっぱい。
Solar de Uyuni

後ろを振り返ると一面、真っ白の世界。
Solar de Uyuni

遠くの島(?)が蜃気楼によって変なことに。
Solar de Uyuni


塩のホテル(建設中)

こちらは建設中のホテル現場にて。といっても、まだ何もないけど。
Solar de Uyuni

しょっぱい?
Solar de Uyuni

この後は塩湖を出て近くにある小さな村に宿泊。
シャワーは共同、電気は夜しかつかない、などで結構ひもじい感じでした。。。

他の写真はこちら

ラ・パス, ボリビア

February 3rd, 2009 2 comments

12月26日

前日の25日夜にラ・パスに到着し、日本人の南雲さんが経営する一番ホテルで一泊して明けた26日、ウユニ行き夜行バスの出発が夜9:00のため、それまでの間ぶらぶらラ・パス市内を観光。

※今回の記事はグロ注意!

ラ・パス市街地。どの車も古く、市街地は排気ガスが強烈。
La Paz, Bolivia

繁華街に位置するザガルナル通りの脇には怪しげな店がたくさん。
こちらはリャマの胎児のミイラ。誰が買うんだろうか。
Llamaz Mummy - La Paz, Bolivia

ティワナク博物館
Tiwanaku Museum

こっちは人間の胎児。ぐ、ぐろい・・・。
Tiwanaku Museum

もうこの辺になるとホラーの世界
Tiwanaku Museum

他にもいろいろまわったんですが、雨が降ってたんであんまし写真はとらず。

こちらは、一番ホテルのオーナ南雲さんと。
La Paz-1

南雲さんにはウユニ行きのバスのチケットを事前に取って頂いたり、ウユニ滞在の間、どうせ戻ってくるだろうからということで荷物を預かってくれたり、いろいろとすげー親切にしていただきました。多謝。

そして夜9:00時。いよいよウユニに向けて出発。
Todo Turismo Bus headed for Uyuni

Categories: 南米, 旅行 Tags: ,

チチカカ湖クルーズ

January 26th, 2009 No comments

12月25日

この日はTransturin社によるツアーを利用してプーノからボリビアのラ・パスへ移動。

プーノの街を早朝に出発し、ポマタという村を見学した後、徒歩でボリビア入国、その後コパカバーナ、チチカカ湖上の太陽の島を経て、夕刻ボリビアのラ・パスに到着という流れ。

Titicaca Lake Cruise

ポマタ

プーノをでてコパカバーナへ向かう途中、ポマタという村へ立ち寄る。ちょー田舎だけど、ここの教会は立派。
Pomata, Peru

ポマタから見たチチカカ湖。テンションあがります。
Titicaca Lake

子豚。癒し系。
Cute Pigs

ペルー・ボリビア国境越え

コパカバーナに入る前に、国境越え。一旦バスを降り徒歩で越える。
Border of Peru and Bolivia

この後、側にある事務所でボリビアへの入国手続きをしたが、事前に取得しておいた黄熱病予防証明書(Yellow Card)の確認はされなかった。痛かったのに&高かったのに。

コパカバーナ

教会脇にある建造物。用途はわかんないけど。
Copacabana, Bolivia

コパカバーナの町並み。遠くにみえるチチカカ湖がいい感じ。
Copacabana, Bolivia

派手に着飾った車があちこちに。どうやら新しい車を買ったときはこうやって安全を祈願するらしい。
Copacabana, Bolivia

こんな風に。
Copacabana, Bolivia

太陽の島

コパカバーナからカタマラン(双胴船)に乗って、チチカカ湖上にある太陽の島へ移動。標高は3,800m。
Lake Titicaca

島到着後すぐ、インカ時代に造られたという階段を使って登る。標高が高いせいか、すぐばてばて。
Isla del Sol (Island of the Sun)

島中腹にある湧き水。24時間365日湧き出ていて、その水源はわかんないそうで。
Isla del Sol (Island of the Sun)

こっから先はTransturin社が保有している観光客向けの施設へ。

リャマ?アルパカ?。見分け方はしっぽにポイントがあるそうだけど(リャマが立ってて、アルパカは立ってない)、この写真じゃわかんないな。
Llamas and Alpacas

一心不乱にメシ食ってました。

アルパカとチチカカ湖。
Llamas and Alpacas

博物館にて。ミイラですな。
Inca Mummy

インカ時代の人々は脳外科手術を行ってたらしい。それを示すこんなんドクロがたくさん見つかってるそう。
Inca Skull

後頭部が後ろに異様に伸びてるのは、幼少期からそうなるように仕向けてたそう。首長族みたいなもんんかな。
Ekako Underground Museum

あとはこのあたりに地域別の祭り衣装がずらりと。各地域特色があっておもろい。ほとんどが派手&不気味。
Ekako Underground Museum


ここら辺になるともう妖怪。
Ekako Underground Museum

博物館の後は現地の人に旅の安全と健康を祈ってもらいました。彼はいわゆるドクターではなく、人々の健康を手助けするアドバイザーみたいな人なのだとか(職業名失念)。
Kallawaya ceremony

お祈りの様子。

最後はトトラというチチカカ湖で取れる水草からつくった船に乗せてもらう。
Isla del Sol (Island of the Sun)

こんなん着て、
Inti Wata Reed Vessel

こんなんさせてもらいました。

以上で太陽の島は終了。この後、カタマランで湖辺に戻り、一路ボリビアの(事実上の)首都、ラ・パスへ。

今回利用したTransturin社、各地の観光地案内はもちろん、ホテル間の送迎や入出国時のサポートもしてくれるのでおすすめです。

ラ・パスに向かう途中のアンデス山脈。万年雪が積もるこの山脈の頂上は標高6,000m級だそうです。
Andean Mountains

その他の写真はこちら
あ、あと質問があったのでついでに。このリンク先の写真サムネイル表示ですが、題名”Lake Titicaca”の下にあるDetailをクリックすると若干大きくなります。

Andean Explorer (クスコ→プーノ)

January 15th, 2009 No comments

12月24日
前日のうちにマチュピチュからクスコに戻り、明けた24日。

この日はクスコからチチカカ湖に面するプーノへ移動。

移動の手段はバスや列車がメインで、今回はAndean Explorerという列車を選択。約10時間の旅です。
tper_map_cuzco-titic

Andean Explorer。
Andean Explorer

中はちょい豪華な感じ。
Andean Explorer-3

途中、ラ・ラヤ(La Raya)という場所で一時停車。標高4,319m。
Andean Explorer-7

お土産屋さん以外何もない、ちょっと淋しい感じの場所でした。
Andean Explorer-4

自然以外何もない。ひたすら走る。
Andean Explorer-9

昼過ぎ、久々に人を見る。
Andean Explorer-10

なんか物々しい感じの街へ。
Andean Explorer-16

意外と都会。フリアカ(Juliaca)という街らしい。
Andean Explorer-17

フリアカを過ぎさるAndean Explorer。
Andean Explorer-20

こーして、夕刻プーノに到着。

この日はなんだかあんま写真撮ってなかった。きっと車内で熱中したトランプのせいだ。

他の写真はこちら

ワイナピチュ登山

January 12th, 2009 1 comment

12月23日(マチュピチュ2日目)

前日に続き、この日も天気は生憎曇り。朝一番のマチュピチュは雲に囲まれてました。
Machu Picchu

今日の目的地、ワイナピチュもすっかりに雲の中・・・。
Machu Picchu

ワイナピチュへ繋がるゲート。毎年のように転落事故が発生するワイナピチュ登山では、ここで入出・退出それぞれに記帳が必要(1日400人の入場制限有り)。夕方になっても退出のサインがない人は遭難したことになるそうな。
Entrance to Wayna Picchu

急勾配を登ること一時間。突如として人為的な道が現れます
Wayna Picchu

一歩踏み外すと真っ逆さまな階段。
Wanya Picchu

ワイナピチュ山頂にて(監視人編)
A Watching Man at Wayna Picchu

ワイナピチュ山頂にて(???編)
Strange Guy at Wayna Picchu

ワイナピチュから臨むマチュピチュ。いやぁスバラシイ。
Overlook of Machu Picchu from Wayna Picchu

続いて、最近恒例の動画集で今日はこれで失礼します。

まずは、死にそうになる階段。

もいっちょ。

ラストは徹底解説マチュピチュ(ワイナピチュ編)。

他の写真・どうがはこちらへ。

マチュピチュ

January 9th, 2009 3 comments

まだ12月22日前回の続き)

クスコからビスタドームでマチュピチュの麓の村に到着したのが朝の10時くらい。
Machu Picchu Village

一旦ここにあるホテルにチェックインし、そこら辺のお店でランチを取り、いよいよマチュピチュへ。
ただ、駅からすぐ、というわけにはいかず、これまたバスにのって30分ほど山道をえっちらと登る。

マチュピチュ
標高 2,280mに位置するこの遺跡は高さ400mの切り立った山の頂上に突如現れる。山裾からは一切確認できないこの遺跡は上空からしか判らないことから、”天空の城”、”空中都市”とも。

まー、それは置いといて、マチュピチュです。
Machu Picchu

夥しい数々の石を積み重ねて作られた建造物。すげーすげー。
Machu Picchu

整然と並ぶ段々畑。
Machu Picchu

近くで見ると多種多様な石を見事に組み合わせて作っているのがわかります。
Machu Picchu

整然と立ち並ぶ建造物の傍ら、無造作に捨てられた石群も。ここから採掘したのかな?
Machu Picchu

高地適用生物リャマ。ラクダ科。
A Llama at Machu Picchu

高台から臨む嫁。

マチュピチュ徹底解説 by 嫁(方言失礼)。

こーして、半日マチュピチュを楽しんだ後は麓のホテルに一泊。翌日はマチュピチュを見下ろすワイナピチュへ登山(下図参照)。その様子はまた。
wynapicchu

しかし、すごかった。こんな高地にどうやってあれだけの物を造ったのかと考えると、畏怖の念すら抱きます。同時にあの時代にあの場所に産まれなくて良かった、と。

他の写真はこちらへ。

では。

ビスタドーム(クスコ→マチュピチュ)

January 5th, 2009 No comments

12月22日

クスコからマチュピチュへの移動。

ペルー国内のホテル・列車の手配は現地代理店に頼んでいたため、ちょっとした移動(ホテル、空港、駅間など)はガイドの人が面倒見てくれた。楽。
朝5:30、ガイドの人にホテルにピックアップしにきてもらい、駅へ。

今回利用したのはビスタドームという観光客向けの列車。クスコ6:05発、マチュピチュの麓まで4時間の移動。
Vistadoma Train to Machu Picchu

朝日が射し込むクスコの街。こうしてみるとキレイっぽいけど、実際は街の至る所にゴミが散乱してて、ちょっと引いた。
Cusco City at Morning

1時間も走るとすっかり田舎。
Vistadoma Train to Machu Picchu

車内はこんな感じで天窓が着いている。
Vistadoma Train to Machu Picchu

移動の様子を少し。

後半はウルバンバ川沿いをひたすら走る。むちゃ濁ってるのは雨期のせいかな?

こんな調子でマチュピチュの麓へ着いた後はホテルにチェックイン。

マチュピチュの標高は2,200m程度なので前日のクスコ(標高3,600m)から比べるとだいぶ低い。高山病の心配も無かろうと昼飯ついでにビールを頂き、いざマチュピチュへ。

えーと、マチュピチュの写真がまだ整理できてないので続きはまた。

他の写真・動画はこちらをどうぞ。