Archive

Posts Tagged ‘アメリカ’

テキサスでスピード違反

September 3rd, 2008 4 comments

先日、ついにスピード違反で捕まりました。なんだかその後の処理がややこしいので、メモ代わりに書いておくことにします。

9月1日

私が捕まったのは、先日の3連休にキャンプに行った帰り道でした。EnnisというDallasから1時間ほどの街のハイウェー(時速65マイル制限)ををぶいぶい走ってる時。

サイドミラーに警告灯をピカピカつけたパトカーが見えた瞬間、飛ばしてるな~という認識はあったんだけど、自分の車を制止しようとしてるのかどうかを見極めるため、すぐ一般道に繋がる出口へ。案の定、ぴったし後ろについてきたんで、あーこりゃあかんわってことで、そのまま路肩に止めて、そのまま車内に待機。

アメリカでは、とにかく車を止めた後は警官が来るまでじーっと車内に待機しろ、絶対車の外に出てお迎えするような真似はするな、とさんざん言われてたので、そのアドバイス通り、手はハンドルの上の見えやすい場所においてじっと待ってました(正確にはドライバーズライセンスと車の保険証を準備して待ってたんだけど、後から考えると銃を準備してたのかと誤解されなくもないので、ちょっとまずかったかも)。

窓際にきた警官は、「82マイル出てたんでスピード違反ね-。」的なことを言われて、私の免許証と保険証を手にし、身元証明のためか一旦パトカーへ。初回なので見逃してくれるかなーという淡い期待を持ちつつ、待つこと5分くらい、再び私の車に戻ってきた彼の手にはしっかりと切符がありました。罰金とか、その後どうすればいいのかとか、色々聞きたかったんだけど、とにかく「ここに書いてる連絡先にコンタクトして指示を仰げ」ということなんで、よーわからずにもらった切符に言われるままサインして、その場はそのまま解放。

ちなみに、この警官、離れ際に「Thank you for your courtesy xxxxxxxx (後半聞き取れず・・・)」とか言ってて割と礼儀正しい感じでした。イメージしてたアメリカの警官って、ガムをくっちゃくっちゃさせならがら、すげぇ偉そうな暴言を吐くイメージだったんだけど、やっぱ人それぞれですね。

下がその時もらった切符。

後からよくよくサインした箇所の所(図の左上の部分)を見ると、

"I hereby promise to appear at the time and place designated" 「私はここに指定された日時に指定された場所(Ennisの裁判所)へ出頭することを誓います」

って一文が。これってEnnisにまたわざわざ行かないといけないってこと?

でも警官はとりあえず連絡とれって、言ってたなぁー、とか。

そんなわけでその日は悶々しながら過ごす羽目に・・・。

これから裁判所とのやりとりになるんですが、その続きはまた。

Read and post comments | Send to a friend

Categories: Misc Tags: , , ,

Alstrom Point

July 24th, 2008 No comments

6月26日午前

滞在しているPageの街を囲むLake Powell。この湖を上から臨めるAlstrom Pointという場所へ。

テキサスにある湖とだいぶ違う。。。なんでこんなキレイなんだろう?


やっぱ湖と言えばマリンスポーツですか。釣りしなさいよ、と言いたい。

湖の色もキレイだけど、岩山とのコントラストがまた素晴らしい。


遠くにnymamu氏が。こーゆー写真、結構好きです。人が入ると自然の大きさが良く分かりますよね?

See more photos…

次は最後の目的地グランドキャニオンです。

では。

Read and post comments | Send to a friend

ニコ動テスト

March 20th, 2008 1 comment

VOXがニコニコ動画に対応したらしいので、テスト。

ニューヨーク・フィルの平壌初公演より。


他の曲もアップされているけど、ニューヨーク・フィルのサイトから高画質版が視聴可能なので、見たい人はそちらをおすすめ → http://nyphil.org/about/virtualtours/0708/korea/index.cfm?utm_medium=homepage&utm_source=button3_koreavideo_0317

曲目は以下の通り。

  • ワーグナー, 「ローエングリン」第3幕への前奏曲
  • ドヴォルザーク, 交響曲第9番「新世界より」
  • ガーシュウィン, 「パリのアメリカ人」
  • ビゼー, 組曲「アルルの女」よりファランドール
  • バーンスタイン, 「キャンディード」序曲
  • アリラン

Read and post comments | Send to a friend

Categories: Misc Tags: , , ,

Austin, TX

December 19th, 2007 2 comments
Austin、テキサス州の州都です。

こちらは州議会議事堂。街の象徴らしく、街のどこからもこの建物が見えます。


こちらはテキサス州大学のキャンパスです。


さっきの議事堂が覗けました。


こうしてみると、アメリカって歴史がない割には歴史を感じさせる建造物が多いような・・・

夜の議事堂。

Read and post comments | Send to a friend

Categories: Misc Tags: , , ,

San Antonio, TX

December 11th, 2007 No comments

サンアントニオ(San Antonio)はテキサス州の中央部に位置し、州内でも屈指の観光地として有名な場所です。

テキサス州の都市といえば、ヒューストン(Huston)が200万人都市でダントツの大きさを誇っていますが、ここサンアントニオはそれに次ぐ120万人を有する都市です(ちなみにダラスの人口も同じく120万人程度ですが、ダラス近辺のフォートワースやプレーノ地区を含める"都市圏"にすると500万人規模になります)。

サンアントニオといえば、まずはアラモ砦。1800年代前半、まだテキサスやカリフォルニア南部がメキシコ国領だった時代にテキサスの独立をかけた反乱がありました。アラモ砦はその激戦区の中心となる場所です。アラモ砦に立て篭もる反乱軍、若干189名とそれを制圧しようとするメキシコ正規軍3,000人との戦いです。結局189名の市民・義勇兵は全滅。しかしメキシコ軍側の被害は甚大で戦死者1,500人と言われています。

この戦いを境に”Remember the Alamo!”をスローガンに奮起した反乱軍は最終的にテキサス共和国として独立を勝ち取ることになります(Remember the Alamoは第二次世界大戦時のRemember the Pearl Harbor にもつながりますね)。

ちなみにテキサス共和国の別名は"Lone Star(孤独な星)"とも呼ばれてますが、これは、そもそもテキサスの独立をそそのかしたのがアメリカであったにもかかわらず、実際の戦いの際には一切支援軍を送らなかったために、「独りで寂しく戦った星(Lone Star)」ということが由来なのだそうです。

Lone Starは現在のテキサス州のシンボルです。テキサスの人たちの中には、テキサスは一つの州ではなく一つの国家であるとプライドを持った人がいますが、それはそのような背景があるからなのでしょう。

えーっと、長くなったので写真はまた今度。

Read and post comments | Send to a friend

Categories: Misc Tags: ,

Texas/New Mexico旅行(三日目・午後)

September 4th, 2007 2 comments

ホワイトサンズの後はエル・パソに戻り、隣接しているメキシコのシウダー・ファレスという町へ徒歩で渡りました。

アメリカ→メキシコのゲート。お金を払うだけで、身分確認等は一切なし。


アメリカ側のエル・パソとメキシコ川のシウダー・ファレスにはリオ・グランデ川で隔たれており、その間を4つの橋で行き来可能。橋の上はこんな感じ。徒歩で渡る人は一見ただの買い物客風。ちゃんんとした旅行者は左側に見えるように車の利用が多いのかな。特に週末はメキシコで遊ぶアメリカ人が多いのだそうだ(この日は日曜日だったのでメキシコから戻る側が大渋滞してた)。


橋の上から。工事中みたいだったので、一見歩いて渡れそうな感じがしないでもない。


一応、国境。


シウダー・ファレスのとあるメシ屋。英語が全く通じなくて苦労しました。国境沿いなんで英語使える人くらいいるだろうと思ったのが甘かった。


町並み。といってもあまり伝わらないか。。。
雰囲気は一変して、どちらかというと東南アジアの雰囲気に近いかも。

メキシコ→アメリカのゲート。こっちは身分確認ありで長蛇の列。万一、メキシコに入国する際にパスポート不携帯だったらややこしい事になりそうです。車の方はトランクの中までチェックされてました。密入国の防止かな。


エル・パソに戻って、町の周辺をドライブ。ここにはScenic Driveがあったのでそれに乗って巡ってみました。
(Scenic Driveとはその土地の名物を効率よく巡れるドライブウェイのこと。有名どころではサンフランシスコの49-Mile Scenic Driveとか、ぺブルビーチの17-Mile Driveとか)

こんな感じで今回の旅行は終了。結局エル・パソを夕方の4時頃出て、家に着いたのは朝の1時半くらいでした。初めての長距離ドライブだったけど、なかなかいいもんでした。次はどこ行くかな。

Read and post comments | Send to a friend

Car Crash

April 28th, 2007 6 comments

「車ぶつけちゃった・・・。壁に穴がぁ・・・」という嫁からの電話を受け、職場から急いで戻ってみると、それはもう見事に粉砕されたガレージが・・・。どうやら車庫入れの際にアクセルを踏みすぎたのだそうだが、電話を受けたときに想像した以上に大きな穴で、なんというか逆に潔いよいって感じ?

 

車の方は無数の擦り傷・割れといった状態。助手席のドアはひずみの影響で開くことができなくなってます。

Car

 

まぁ、こんな感じで、嫁に怪我がなかったのが不幸中の幸いでした。あと、隣のガレージに車がなかったことも。

 

その後はアパートの事務所に連絡したり、保険会社へ事故レポートを提出・電話によるヒアリング(日本通訳者が間に入ってくれて助かった)、ホームメンテナンス会社からの被害状況の下見などなど。意外とすんなり済みました。事務所の人は落ち込む嫁をハグして、「大丈夫だよ~」ととっても励ましてくれたりと、ここら辺はアメリカ人だなぁ、と。

気になる修理費用については、保険会社曰く「壁は全額保障、車は自己負担額が$495で済みそうだ」とのこと。正式には下見をしてから決まるのだそうだが、とりあえず一安心。ただ、「次回更新から向こう3年間は保険額が高くなりますよ」とのことで、しょうがないけどちょっと痛い。今回は半年契約で$2,500程度だったので、次回の見積が怖かったりする。でも、こっちの免許を取ったので(今回契約時はこっちの免許がなかったのでむちゃ高い。通常は$500-$1,000で済むみたい)、その分考慮されると有難いのだけど。

 

車の扱いは慣れた頃が一番危ないですね。俺も最近飛ばし気味なので自重しないと。。。

というわけで、皆さんも車の運転の際はどうぞお気をつけ下さいませ、という話でした。

Read and post comments | Send to a friend

Categories: Misc Tags: