Home > 南米, 旅行 > ラ・パス、ボリビア

ラ・パス、ボリビア

March 23rd, 2009 Leave a comment Go to comments

12月30日

ウユニからの深夜バスで30日早朝にラ・パスに戻る。一番ホテルにチェックインし、そのままこの日はゆっくりと市街を観光。


ムリリョ広場 (Plaza Murillo)

街の中心となる広場。この広場を囲むように、カテドラルや国会議事堂、大統領官邸がある。
Plaza Murillo, La Paz

休日のためか多くの家族連れが居ました。市民の憩いの場なんでしょう。
Plaza Murillo, La Paz


ライカコタの丘 (Parque Laikakota)

市の小高い丘にある公園。市内を一望できます。

Parque Laikakota, La Paz

すり鉢状の地形に築かれたラ・パス市は、最も低い中心部の標高でも約3,600mと富士山の頂上とほぼ変わらない。すり鉢の底辺、中心部には高層ビルが建ち並び裕福層が、山頂部に近づくにつれ貧困層が生活をなしている。
Parque Laikakota, La Paz


ハエン通り (Calle Jaen)

カラフルなスペイン風の古い建物が建ち並ぶ路地。一瞬、ラ・パスに居ることを忘れてしまうほど他とは様式が異なる。通り沿いにはカフェや・博物館などがあります。
Calle Jaen, La Paz


一番ホテル

今回、密かに楽しみにしていた、一番ホテルの屋上から眺める夜景。
La Paz

上が30秒ほどの露光で、下は60秒ほど。いや、夜景って楽しい。
La Paz

旅行前にラ・パスのことを調べると、”首締め強盗”や”ニセ警官”などいろいろ最悪な情報が満載だったため、滞在・観光時はリュックサックは背中ではなく、前にしょい、一眼レフも首からさげるなんてもってのほかで、撮る度にバックにしまうということをやったりと、一応の用心はしました。ま、実際は日中はあちこちに制服の警官がパトロールしていたので、ちょい安心しましたが。夜はほとんど出歩かないようにしたし。そういう意味では純粋に観光を楽しめるというわけではなく、それなりに気疲れする街でもあるかなと。ま、それも滅多にない経験としてはいいのかも。

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.